不景気.com > 国内倒産 > 釧路のスーパー「セオチェーン」の妹尾商店が破産申請し倒産

釧路のスーパー「セオチェーン」の妹尾商店が破産申請し倒産

釧路のスーパー「セオチェーン」の妹尾商店が破産申請し倒産

北海道釧路市でスーパーマーケットを展開する「妹尾商店」は、1月12日に釧路地方裁判所へ自己破産を申請し、倒産したことが明らかになりました。

1977年に設立の同社は、「セオチェーン」の名で釧路市内にスーパーを展開し、新橋大通の本店を筆頭に5店舗を経営していました。

しかし、大型店の出店で売上が伸び悩んだことに加え、景気低迷による消費不況が重なり経営が悪化。多額の借入金が資金繰りを逼迫させ、今回の措置に至ったようです。

北海道新聞(電子版)などによると、負債総額は約10億9200万円

釧路の妹尾商店が破産を申請 負債10億円-北海道新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事