不景気.com > 国内リストラ > 自動車部品の「HKS」が40名の人員削減、組織再編で

自動車部品の「HKS」が40名の人員削減、組織再編で

自動車部品の「HKS」が40名の人員削減、組織再編で

静岡県富士宮市に本拠を置く自動車部品製造の「エッチ・ケー・エス」(HKS)は、従業員の約15%に相当する40名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは全従業員で、退職日は2月末日までの随時。なお、退職する40名はグループ企業への転籍も含んだ数字。

主に自動車用のチューニングパーツを扱う同社は、自動車販売低迷の影響を受けて売上が悪化しており、マフラー製造部・サスペンション製造部・機械加工部を「製造部」に統合する等の組織再編に合わせ、余剰となる人員の削減に踏み切った格好。

同社によると、割増退職金等の支出で3500万円を計上する一方、年間で約2億円の人件費削減効果を見込むとのこと。

人員削減等の合理化に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事