不景気.com > 雇用問題 > ユーロ圏の失業率が10%の大台に、米国も10%で変わらず

ユーロ圏の失業率が10%の大台に、米国も10%で変わらず

ユーロ圏の失業率が10%の大台に、米国も10%で変わらず

EU統計局は、16カ国で構成される「ユーロエリア・EA16」(*1)の09年11月の失業率が10%の大台に達したことを明らかにしました。

10月の9.9%から0.1ポイント増、前年同月の8.0%から2.0ポイント増となり、1998年以降では最悪の水準。また、イギリスやスウェーデンなどを含む27カ国で構成される「EU27」(*2)でも過去最悪となる9.5%まで悪化しています。

若年層の失業率はさらに深刻で、25歳以下のEA16の失業率は21.0%、EU27では21.4%となり、1年間で約5%の大幅な悪化に陥っています。

EU圏失業率:2009年11月

失業率 前年比 若年層(U25)
EA16 10.0% △2.0% 21.0%
EU27 9.5% △2.0% 21.4%

一方、アメリカの労働局が発表した09年12月の失業率(速報値)も、前月と同率の10%となったことで、欧米の雇用情勢は依然として厳しいと言えそうです。

(*1)EA16 - ベルギー、ドイツ、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、スロベニア、スロバキア、フィンランド

(*2)EU27 - (EA16に加え)ブルガリア、チェコ、デンマーク、エストニア、ラトビア、リトアニア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、スウェーデン、イギリス

Euro area unemployment rate up to 10.0%

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事