不景気.com > 不景気ニュース > 09年の百貨店売上高は10%減の6.5兆円、80年代並の低水準

09年の百貨店売上高は10%減の6.5兆円、80年代並の低水準

09年の百貨店売上高は10%減の6.5兆円、80年代並の低水準

日本百貨店協会が発表した「全国百貨店・売上高速報」によると、2009年の売上高は前年比10.1%減の6兆5842億円だったことが明らかになりました。

売上高が7兆円を割るのは1985年以来のことで、前年比10%超の減少幅も過去最大。

商品別では、「宝飾・貴金属・美術品」が前年比15.3%減と振るわず、また主力となる衣料品も13.2%減で大幅な落ち込みを記録しました。

また、過去10年間の売上高推移では、1999年の売上高9兆円から約27%も減少しており、特に景気低迷が顕著となった2008年からの2年間で約15%の急激な落ち込みを見せています。

デフレ消費が叫ばれる中、特に若年層への取り組みが重要となりそうです。

平成21年12月・年間 全国百貨店売上高概況

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事