不景気.com > 雇用問題 > キヤノンMJが新卒の採用活動を一時凍結、業績次第で見送りも

キヤノンMJが新卒の採用活動を一時凍結、業績次第で見送りも

キヤノンMJが新卒の採用活動を一時凍結、業績次第で見送りも

キヤノンマーケティングジャパン」は、2011年春に卒業予定の新卒に対する採用活動を一時凍結し、採用するか否かの判断を今春まで持ち越すことを明らかにしました。

同社は「景気低迷が続き業績を上げられず苦戦する中、人員計画を正確に予測することが困難な状況」と説明。今年1月から3月までの業績を考慮した上で採用の有無を判断するとのこと。

通例では大学3年生を対象に秋口から採用活動を開始し、翌春には選考を行うのが一般的。優秀な人材を確保するためにも、早めの募集開始が求められていました。

しかし、採用の有無が決まっていない段階での募集は学生に迷惑がかかるとの判断から、今回の一時凍結を決定したようです。

なお、採用を実施する場合は4月に募集を開始し、夏期休暇をめどに選考を行う方針。

採用スケジュールに関する重要なお知らせ

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事