不景気.com > 赤字決算 > ベスト電器が10年2月期業績を301億円の赤字に下方修正

ベスト電器が10年2月期業績を301億円の赤字に下方修正

ベスト電器が10年2月期業績を301億円の赤字に下方修正

九州を地盤にする家電量販店「ベスト電器」は、2010年2月期の業績予想を下方修正し、当期純損益で301億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

これは、不正郵便問題による信用の失墜に加え、完全子会社「さくらや」の業績不振、九州地区における販売競争の激化などが理由。

今後は経営再建に向けたリストラ策を実施していく方針で、さくらや事業からの撤退・清算や、不採算となる50~70店舗の閉鎖、それに伴う人員削減などにより特別損失195億円を計上する見込み。

2010年2月期通期連結業績予想:ベスト電器

売上 営業損益 純損益
前回予想 3504億円 △6000万円 △13億7000万円
今回予想 3447億円 △45億3000万円 △301億8000万円

また、同社に15.08%出資し持分法適用会社としている「ビックカメラ」との協働を強化していくことも明らかにされています。

業績予想の修正、特別損失の計上に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事