不景気.com > 国内倒産 > 青森グランドホテルが民事再生法を申請、負債21億円

青森グランドホテルが民事再生法を申請、負債21億円

青森グランドホテルが民事再生法を申請、負債21億円

青森県青森市のホテル業「青森グランドホテル」は、1月12日付で青森地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1970年に開業した客室140室・レストラン5店舗からなる同ホテルは、JR青森駅に近い抜群の立地により、年間20億円規模の売上を計上するなど業績は好調に推移していました。

しかし、競合の進出や景気低迷による客足離れの影響で売上は3分の1程度まで減少。ホテル建設や改装等による借入金が資金繰りを逼迫させたことで、今回の措置に至ったようです。

陸奥新報(電子版)によると、負債総額は約21億6500万円

なお、青森市内で結婚式場を運営する「都ホールディング」が再生支援スポンサーに決定しており、同社の関連会社がホテルの営業を継続していく見通し。

青森グランドホテルが民事再生申し立て by 陸奥新報

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事