不景気.com > 国内リストラ > 東洋シヤッターが早期退職による75名の人員削減

東洋シヤッターが早期退職による75名の人員削減

東洋シヤッターが早期退職による75名の人員削減

シャッター大手の「東洋シヤッター」は、早期退職者募集による75名の人員削減を明らかにしました。

これは、全従業員約680名の1割強に相当する募集人員で、対象は50歳以上の正社員。退職日は2010年3月19日とし、退職者には特別加算退職金を別途支給する予定。

景気低迷による建設需要の落ち込みが当面続くと予想し、それに見合った人員の適正化が必要との判断から、今回の募集に踏み切ったようです。

同社では、今年8月から来年3月までの経費削減策として、原則1ヶ月に4日以内となる一時帰休を実施しています。

特別早期退職制度に関する件

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事