不景気.com > 国内倒産 > 佐賀の多久SC「コーリー」の管理会社が破産決定受け倒産

佐賀の多久SC「コーリー」の管理会社が破産決定受け倒産

佐賀の多久SC「コーリー」の管理会社が破産決定受け倒産

佐賀県多久市のショッピングセンター・コーリーに入居する専門店街の不動産賃貸・管理を行っていた「多久ショッピングプラザ」は、債権者により佐賀地方裁判所へ破産手続の申立が行われ、同地裁より手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1990年に設立の同社は、1992年に多久ショッピングセンター「コーリー」をオープン。ピーク時には約30店舗の専門店が軒を連ねたほか、同建物の共同建築主でもあるスーパー「寿屋」が核テナントとして入居し、同地域では相応の人気を得ていました。

しかし、2002年に寿屋が民事再生法の適用を申請し撤退すると、その後に入居したスーパー「アーガス」とホームセンター「ナフコ」も今年8月に撤退。核テナントを失った同社は事業継続を諦め、今回の措置に至ったようです。

なお、佐賀新聞(電子版)によると「専門店街は営業を続ける予定」とのこと。

負債総額は約3億円

多久「コーリー」管理会社が破産 専門店街は営業継続 :佐賀新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事