不景気.com > 国内倒産 > 不動産賃貸「太陽エステート」が特別清算の決定受け倒産

不動産賃貸「太陽エステート」が特別清算の決定受け倒産

不動産賃貸「太陽エステート」が特別清算の決定受け倒産

東京都文京区の不動産賃貸業「太陽エステート」は、12月1日付で東京地方裁判所から特別清算の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1963年に設立の同社は、群馬県前橋市に本拠を置く「東和銀行」との関係が深く、同系列会社により建設された不動産の売買・賃貸を中心に事業を展開していました。

しかし、近年は不動産市況の悪化により業績が低迷し、債務超過に転落。昨秋以降の景気低迷もあり業績は悪化の一途を辿ったことで、2009年に入り事業継続を断念。

その後は、会社清算を目的として保有不動産の売却を進め、債務整理が完了した10月に事業を停止し、11月6日付で解散が決議されていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約34億500万円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事