不景気.com > 買収合併 > システム開発の「システムプロ」と「カテナ」が合併、上場同士

システム開発の「システムプロ」と「カテナ」が合併、上場同士

システム開発の「システムプロ」と「カテナ」が合併、上場同士

東証1部上場のシステム開発「システムプロ」と、東証2部上場の同業「カテナ」は、2010年4月1日付で合併することを明らかにしました。

カテナ1株に対してシステムプロ0.0048株を割当て、合併方式はシステムプロを存続会社とする吸収合併。なお、カテナは3月29日をもって東京証券取引所から上場廃止になる予定。

携帯電話端末ソフトウェアやポータルサイトの企画・開発を得意とするシステムプロと、金融機関向けシステム開発が中心のカテナは、以前より資本・業務提携の関係を構築。システムプロはカテナへの出資比率を36%強まで高め、筆頭株主になっていました。

激化することが予想される同分野での事業強化には、合併による協業が不可欠との判断から、今回の決定に至ったようです。

システムプロは1983年設立で従業員数は939名。一方、カテナは1968年設立で同1681名。

システムプロとカテナの合併契約締結について

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事