不景気.com > 国内倒産 > 宮城のショッピングセンター「サンコア」が事業停止し倒産へ

宮城のショッピングセンター「サンコア」が事業停止し倒産へ

宮城のショッピングセンター「サンコア」が事業停止し倒産へ

宮城県柴田町のショッピングセンター経営「サンコア」は、すでに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1979年4月に設立の同社は、翌年の1980年11月に「ショッピングセンターサンコア」をオープン。飲食店・衣料品店から生活用品店まで、ピーク時には約50店舗におよぶ専門店が軒を連ねていました。

しかし、競合となるショッピングセンターの新規出店が増えたことで集客力は悪化。また、景気低迷の影響もあり業績の回復は望めないことから、今年の10月31日をもってサンコア専門店の営業を終了し、核テナントのスーパー「ジャスコ」を残すだけになっていました。

河北新報社によると、「2010年1月をめどに任意整理か法的整理かの方針を決める見通し」とのこと。

負債総額は、2007年9月末時点で約16億5000万円

河北新報 東北のニュース/サンコア事業停止 負債16億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事