不景気.com > 国内倒産 > 千葉の土木工事「杉田建設」が破産手続決定受け倒産

千葉の土木工事「杉田建設」が破産手続決定受け倒産

千葉の土木工事「杉田建設」が破産手続決定受け倒産

千葉県大網白里町の土木工事「杉田建設」は、12月7日付で千葉地方裁判所八日市場支部から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

建設業信用調査協会によると、1950年創業、1957年設立の同社は、官公庁や大手ゼネコンを主な取引先として、道路工事や区画整理等を行う土木工事業者。

しかし、市民の政治参加により公共工事のあり方が見直される中、官公庁からの受注は大幅に減少し業績が悪化。設備投資への借入金が資金繰りを逼迫し、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約6億5000万円

週刊建設リサーチ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事