不景気.com > 国内倒産 > びっくり寿司の元経営「エス・エル・ジーHD」が破産決定受け倒産

びっくり寿司の元経営「エス・エル・ジーHD」が破産決定受け倒産

びっくり寿司の元経営「エス・エル・ジーHD」が破産決定受け倒産

飲食店経営の持株会社「エス・エル・ジー・ホールディングス」は、12月9日に東京地方裁判所から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

同社は、「江戸前びっくり寿司」や「廻転びっくり寿司」等を運営していた「びっくり本舗」の持株会社として2000年に設立し、同店向けに食材の販売を行っていました。

しかし、びっくり本舗は、新規出店や同業買収などの急激な事業拡大が裏目に出て、2008年10月に民事再生法を申請し、約50億円の負債を抱え倒産。

そのため、同事業を名証セントレックス上場「TRNコーポレーション」の子会社へ事業譲渡し、自らは負債整理などの事後処理に当たっていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約45億1300万円

また、同社の関連会社である「プレゼント」「エナプランニングオフィス」「アップスタート」も同様の措置が取られ、4社合計の負債額は約55億8200万円。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事