不景気.com > 国内リストラ > 昭和電工が313名の人員削減、アルミニウム事業の撤退で

昭和電工が313名の人員削減、アルミニウム事業の撤退で

昭和電工が313名の人員削減、アルミニウム事業の撤退で

石油化学・化学品・アルミニウム等を製造する東証1部上場の「昭和電工」は、実施していた希望退職者の募集に313名が応募したことを明らかにしました。

これはアルミニウム押出汎用材事業からの撤退による人員整理の一環として行われたもので、彦根事業所および小山事業所に在籍の従業員を対象に、募集人員を決めず広く応募を募っていました。

応募人員313名のうち、2009年退職者が274名、一方2010年に退職予定となるのが39名。

住宅着工件数の減少により、建材向けを中心とするアルミニウム押出汎用材事業の業績が悪化。そのため、今年8月には同事業からの撤退を発表していました。

同社では、割増退職金等の支出として約26億円を計上する見込み。

昭和電工がアルミニウム押出汎用材事業からの撤退と人員削減 - 不景気.com

アルミニウム事業部門における希望退職者募集の結果について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事