不景気.com > 国内倒産 > 「P.G.C MITOMO」(旧ミトモ建設)が破産決定受け倒産

「P.G.C MITOMO」(旧ミトモ建設)が破産決定受け倒産

「P.G.C MITOMO」(旧ミトモ建設)が破産決定受け倒産

渋谷区恵比寿に本拠を置く「P.G.C MITOMO」(旧ミトモ建設)は、11月27日に東京地方裁判所へ自己破産を申請し、倒産したことが明らかになりました。

1956年に「ミトモ建設」として設立された同社は、首都圏を中心にビルやマンションの建設工事を主力とするほか、不動産販売も行い事業を拡大していました。

しかし、耐震偽装問題などに端を発する「改正建築基準法」の影響で工期が遅れると、売掛金の回収が計画通りに進まず資金繰りが悪化。そのため、2008年2月には事業を停止し、会社清算に向け準備を進めていました。

東京経済社によると、負債総額は約18億円

倒産情報 大型倒産速報 (株)P.G.C.MITOMO~破産手続開始決定

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事