不景気.com > 国内倒産 > 宮崎座論梅ゴルフクラブの「日向観光開発」が再生法を申請

宮崎座論梅ゴルフクラブの「日向観光開発」が再生法を申請

宮崎座論梅ゴルフクラブの「日向観光開発」が再生法を申請

宮崎県のゴルフ場経営「日向観光開発」は、12月1日付けで東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1972年に設立の同社は、1974年にゴルフ場「宮崎座論梅ゴルフクラブ」をオープン。プロゴルフのトーナメントを開催するなど、人気ゴルフ場として知られていました。

しかし、景気低迷の影響もあり利用者が減少すると、他ゴルフ場との競争も激しくなり業績が悪化。さらに、約10億円に及ぶ預託金の償還が始まったことで資金繰りは逼迫し、今回の措置になったようです。

負債総額は約12億9000万円

日向観光開発:民事再生法を申請 負債総額12億9000万円 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事