不景気.com > 国内リストラ > 三越の早期退職に1500人が応募、予定数の1.5倍

三越の早期退職に1500人が応募、予定数の1.5倍

三越の早期退職に1500人が応募、予定数の1.5倍

三越伊勢丹ホールディングス傘下の百貨店「三越」は、同社が実施した早期退職者優遇制度に1500人の応募があったことを明らかにしました。

日経新聞(電子版)によると、これは全正社員の4分の1に相当する人員で、退職日は2010年1月中とのこと。

当初予定していた1000名規模の削減数と比べると1.5倍に膨れ上がったものの、応募者全ての早期退職を受け入れ、抜本的な経営改革に繋げたい考え。

同社では、これら人員削減のほか、小規模店を中心にした店舗閉鎖や、営業時間短縮などの固定費削減によるリストラ策を実施していました。

NIKKEI NET(日経ネット):三越の早期退職、社員4分の1が応募 1500人

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事