不景気.com > 国内倒産 > 石川の和倉温泉「海浜ホテル金波荘」が破産決定受け倒産

石川の和倉温泉「海浜ホテル金波荘」が破産決定受け倒産

石川の和倉温泉「海浜ホテル金波荘」が破産決定受け倒産

石川県七尾市和倉町で温泉旅館「金波荘・今昔振舞」を運営していた「海浜ホテル金波荘」は、12月7日付で金沢地方裁判所から破産手続の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

和倉温泉開湯の宿として創業130年の歴史を誇る同旅館は、能登半島から日本海を一望できる絶好の立地で旅行者からの人気を得ていました。

しかし、景気低迷による消費不況や当地への地震懸念などで、宿泊客が減少し資金繰りが悪化。これ以上の事業継続は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約39億円

同社の取引行である「北國銀行」が、貸出金債権18億3200万円の存在を明らかにしています。

当行取引先に対する債権の取立不能のおそれに関するお知らせ

(12/8 22:30 情報追加のため、記事を再構成しました)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事