不景気.com > 国内倒産 > 産廃処理・砂利砕石の「金海産業」が自己破産申請し倒産へ

産廃処理・砂利砕石の「金海産業」が自己破産申請し倒産へ

産廃処理・砂利砕石の「金海産業」が自己破産申請し倒産へ

宮崎の産廃処理・砂利砕石業「金海産業」は、12月2日までに事業を停止、今後は自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。

1970年に設立の同社は、砂利砕石の製造販売を手掛けていたほか、1998年からは産業廃棄物の処理事業にも進出。その後は産廃処理を主力として、プラスチック製容器包装のリサイクルなどを行っていました。

しかし、景気低迷の影響で産廃処理の取扱高が激減。業績悪化により資金繰りが行き詰まり、今回の措置に至ったようです。

東京経済社によると、負債総額は約10億円

倒産情報 大型倒産速報 (株)金海産業~破産手続開始申立準備

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事