不景気.com > 国内倒産 > 加茂ゴルフ倶楽部の「東加茂開発」が民事再生法を申請

加茂ゴルフ倶楽部の「東加茂開発」が民事再生法を申請

加茂ゴルフ倶楽部の「東加茂開発」が民事再生法を申請

愛知県豊田市のゴルフ場「加茂ゴルフ倶楽部」を運営する「東加茂開発」は、12月14日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

同社は、1989年に加茂ゴルフ倶楽部をオープン。景観に優れ適度な難易度を持つ18ホール・パー72のコースは、オープン当初から利用客の評判も良く、売上も順調に推移していました。

しかし、ゴルフ人気にかげりが見え始めたことに加え、景気低迷による消費の減退で利用客は大幅に減少。預託金の返還請求が資金繰りを圧迫し、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約113億7000万円

今後は、営業を続けながら経営再建を目指す見通し。

なお、千葉県市原市にある「加茂ゴルフ倶楽部」(2006年9月8日に民事再生法を申請)は、別会社の運営。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事