不景気.com > 不景気ニュース > 茨城空港がピンチ、定期便は国内ゼロでソウル線1往復のみ

茨城空港がピンチ、定期便は国内ゼロでソウル線1往復のみ

茨城空港がピンチ、定期便は国内ゼロでソウル線1往復のみ

2010年3月11日に開港予定の「茨城空港」において、現時点で決定している開港時からの定期便は、「茨城-ソウル」線の1往復のみであることが明らかになりました。

開港まで3ヶ月余りに迫るなか、景気低迷の影響から就航路線を増やせず、先行きが不安視される状況に陥っています。

ソウル線以外では、開港数ヶ月後から「茨城-釜山」線の定期便と、3~4月に合計11往復する「ハワイ線・台北線」のチャーター便が就航決定しているのみ。

一方、現時点で決まっている国内線は「ゼロ」と言う危機的状況で、同空港が希望している「北海道・大阪・福岡・沖縄」への就航は困難な見通し。

現時点で決定している路線:

航路 便数 就航時期
ソウル 週7便 開港時
釜山 週3便 開港数ヶ月後
台北 10往復 3~4月
ハワイ 1往復 3月

また、同空港に出店が内定している飲食店や土産物店などのテナントも、出店の白紙撤回を検討し始めた模様で、無事に開港まで辿り着けるのか、今後の動向が注目されます。

就航路線:茨城空港

茨城空港旅客ターミナルビルのテナントについて:茨城空港

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事