不景気.com > 国内倒産 > 総合物流サービスの「エモーション」が事業停止し倒産へ

総合物流サービスの「エモーション」が事業停止し倒産へ

総合物流サービスの「エモーション」が事業停止し倒産へ

東京都港区港南に本拠を置く総合物流サービスの「エモーション」は、12月4日までに事業を停止、事後処理を弁護士に一任し、倒産する見通しであることが明らかになりました。

1995年に設立の同社は、宅配便・郵便物の配送代行やダイレクトメールの封入・封緘業務、梱包作業請負等の総合物流サービスを主力に事業を展開するほか、通販サイトの運営や飲食業へも事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による受注減や飲食事業の売却により売上はジリ貧となり、取引金融機関からは債権譲渡されるなど資金繰りも悪化したことで、事業継続を断念したようです。

静岡商工データによると、負債総額は2009年6月期時点で約18億8400万円。また、同社ホームページによれば、従業員数は60名。

エモーション倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事