不景気.com > 国内倒産 > 神奈川の土木建築「大匠建設」が破産決定受け倒産

神奈川の土木建築「大匠建設」が破産決定受け倒産

神奈川の土木建築「大匠建設」が破産決定受け倒産

神奈川県大和市に本拠を置く土木建築業「大匠建設」は、12月15日に横浜地方裁判所から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1967年に設立された同社は、1970年に公共工事の受注をきっかけとして土木工事に進出。また、1978年からは住宅供給にも事業を拡大、新築戸建てのブランド「ブレスホーム」を展開し、業績は好調に推移していました。

しかし、昨今の不動産市況悪化を受けて、戸建て住宅の販売が大幅に減少。分譲住宅用の用地取得に伴う借入金が資金繰りを逼迫させ、事業継続を断念したようです。

東京経済社によると、負債総額は約20億円

倒産情報 大型倒産速報 大匠建設(株)~破産手続開始決定

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事