不景気.com > 国内倒産 > 観測機器「CTIサイエンスシステム」が民事再生法を申請

観測機器「CTIサイエンスシステム」が民事再生法を申請

観測機器「CTIサイエンスシステム」が民事再生法を申請

東京都中央区に本拠を置く観測機器等の販売業「CTIサイエンスシステム」は、12月1日付で東京地方裁判所から民事再生法の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1981年に設立の同社は、センシングデバイス等の観測機器や、モニタリングシステム等の監視機器を販売する傍ら、地質・環境の調査や試験・コンサルティングを行い事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みから、同社の販売・受注も大幅に減少し経営が逼迫。自力での経営再建は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

建設業信用調査協会によると、負債総額は約13億円

週刊建設リサーチ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事