不景気.com > 海外倒産 > 「シタデル・ブロードキャスティング」が倒産へ、米国ラジオ局大手

「シタデル・ブロードキャスティング」が倒産へ、米国ラジオ局大手

「シタデル・ブロードキャスティング」が倒産へ、米国ラジオ局大手

アメリカのラジオ局大手「シタデル・ブロードキャスティング」(Citadel Broadcasting)は、近日中にも連邦破産法第11章の適用を申請し、倒産する見通しであることが明らかになりました。

1984年に創業の同社は、全米で「165」のFM局と「58」のAM局を展開するラジオ局運営会社。2006年にはウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のメディア企業「ABC」からラジオ事業を買収し、事業規模を一気に拡大していました。

しかし、景気低迷による広告費の減少が大きな痛手となり業績は悪化。負債額は20億ドル(約1800億円)規模にまで膨れ上がり、単独での経営再建は困難との判断に至ったようです。

今後は、債務の株式化(DES)によって負債額を7億6000万ドル(約680億円)まで減少させる一方、同社の実質的な経営権は債権者の手に渡ることになります。

Citadel Broadcasting Plans Prearranged Bankruptcy - NYTimes.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事