不景気.com > 雇用問題 > 英国航空乗務員がストライキを決行へ、クリスマスシーズン直撃

英国航空乗務員がストライキを決行へ、クリスマスシーズン直撃

英国航空乗務員がストライキを決行へ、クリスマスシーズン直撃

経営危機に陥っているイギリスの航空大手「ブリティッシュ・エアウェイズ」(BA)の乗務員らで組成する労働組合は、ストライキの決行を賛成多数で決議したことが明らかになりました。

期間は12月22日から翌年1月2日までの12日間で、欧州での書き入れ時と重なる「クリスマスシーズン」を直撃し、混乱は避けられない見込み。

BBCの報道によると、組合員の9割がストライキの決行を支持し、期間中は8割の乗務員がストライキに突入する予定とのこと。

同社では、ストライキ回避に向けて継続して交渉を行っていくことを明らかにしていますが、度重なるリストラや賃金カットへの不満が募っている労働組合を説得できるのか、動向が注目されます。

BBC News - British Airways cabin crew vote for Christmas strike

(12/19追記)

経営陣によるストライキの差し止め請求が認められ、ストライキは回避されることが明らかになりました。労働組合の投票結果に不備があったためで、最繁忙期での混乱は避けられるようです。

英BAの年末年始ストライキ中止に AFPBB News

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事