不景気.com > 企業不況 > イオンが北米事業から撤退、婦人服「タルボット」の株売却で

イオンが北米事業から撤退、婦人服「タルボット」の株売却で

イオンが北米事業から撤退、婦人服「タルボット」の株売却で

流通大手の「イオン」は、アメリカの婦人服チェーン「タルボット」の株式を売却し、北米事業から撤退することを明らかにしました。

それによると、同社の現地法人「イオンUSA」が保有するタルボット社の全株式を売却するほか、2億5000万ドル(約200億円)に及ぶ債権の全額返済を受けることで、タルボット社と合意に達したとのこと。

ニューヨーク証券取引所に上場するタルボットは、中高年女性をターゲットにした婦人服の大手チェーンで、北米を中心に日本でも販売を展開していました。

しかし、近年は消費不況の影響で業績が悪化し、イオングループにおける不採算事業となっていました。

イオンの北米事業戦略の方向性について

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事