不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/22、倒産企業が増加した1週間

週刊不景気ニュース11/22、倒産企業が増加した1週間

週刊不景気ニュース11/22、倒産企業が増加した1週間

11月16日から22日までに起こった不景気なニュースを総括する「週刊不景気ニュース」。倒産企業が増加した1週間となりました。

破産(予定を含む)による倒産は、沖縄の航空会社「エアードルフィン」、岐阜の陶磁器製造「金中製陶所」、検査製造装置の「交洋製作所」、青森の製材業「津軽北部木材加工協同組合」、着ぐるみの製造販売「ステッピン・スタジオ」など。

一方、伊豆熱川温泉の「ホテル福島屋」、山梨の木造注文住宅「サンワホーム」、液晶用バックライト製造の「日本ライツ」は民事再生法の適用を申請。

北海道の不動産業「メトリックス」は特別清算を申請、海外ではアメリカの住宅メーカー「チャンピオン・エンタープライズ」が約466億円の負債を抱え、それぞれ倒産。

また、元ジャスダック上場の住宅リフォーム業「ペイントハウス」(現ティエムシー)は事業を停止し、法的整理が濃厚なっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事