不景気.com > 国内倒産 > 釧路のウオシンフーズが民事再生法を申請、負債14億円

釧路のウオシンフーズが民事再生法を申請、負債14億円

釧路のウオシンフーズが民事再生法を申請、負債14億円

北海道釧路市に本拠を置く水産品加工業「ウオシンフーズ」は、11月2日に釧路地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1999年8月に創業の同社は、鮭やサンマなどを中心にした水産加工品の製造販売を手掛け、2008年7月においては25億円規模の売上高を計上し、事業を拡大していました。

しかし、水産物の仕入値が高騰したことで収益力が悪化。さらに、景気低迷の影響による売上の減少が経営を圧迫し、やむなく今回の措置に至った模様。

北海道新聞(電子版)によると、「道中小企業再生支援協議会の支援を得て再生の道を模索したが、金融機関との調整は難航していた」とのこと。

負債総額は14億3420万円

ウオシンフーズ 民事再生法申請-北海道新聞[経済]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事