不景気.com > 国内倒産 > 青森の製材業「津軽北部木材加工」が自己破産申請し倒産へ

青森の製材業「津軽北部木材加工」が自己破産申請し倒産へ

青森の製材業「津軽北部木材加工」が自己破産申請し倒産へ

青森の製材・木材販売業「津軽北部木材加工協同組合」は、10月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。今後は、自己破産申請の準備に入り、倒産する見通しであることが明らかになりました。

地元の製材業者5社を前身として1985年に設立された同組合は、青森県産の「ヒバ」や「スギ」を使用した建材を製造する一方、1998年には自治体等から50%の助成を受け、木材加工工場を建設するなど事業を拡大。

しかし、輸入木材との価格競争や景気低迷による建築需要の減少により業績は悪化し、前述した工場建設の借入金が資金繰りを逼迫させたことで、事業継続を断念したようです。

東奥日報によると、「組合の事業は同町内の関連会社に譲渡済み」とのこと。

負債総額は約12億円

負債総額12億/津軽北部木材加工/Web東奥

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事