不景気.com > 国内倒産 > コンクリート製品製造「トップコン」が民事再生法を申請

コンクリート製品製造「トップコン」が民事再生法を申請

コンクリート製品製造「トップコン」が民事再生法を申請

兵庫県神戸市に本拠を置くコンクリート製品の製造・販売業「トップコン」は、神戸地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1962年に「特殊コンクリート工業」として設立された同社は、プレキャストコンクリートを主力に製造販売を行い、「ホテルオークラ神戸」や「神戸芸術センター」の施工にも同社製品が使われるなど、業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みで、同社の受注は悪化。資金繰りに行き詰まる中、このままでの事業継続は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年9月期末時点での負債総額は約34億2000万円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事