不景気.com > 企業不況 > 武富士が債務減額要請、700億円の社債繰上償還請求を懸念

武富士が債務減額要請、700億円の社債繰上償還請求を懸念

武富士が債務減額要請、700億円の社債繰上償還請求を懸念

消費者金融大手の「武富士」は、「2018年満期新株予約権付社債」の繰上償還請求への対応として、減額した現金対価等への交換を募集することが明らかになりました。

2018年に満期を迎える同社債は、2010年6月に繰上償還を請求する権利が付与されており、その請求金額は最大で700億円に達する見通し。

一方、改正貸金業法などの影響で同社の株価は低迷し、社債権者の多くが繰上償還を請求する見込みであることから、その対策が急務となっていました。

同社が要請しているのは、同社債の額面100円に対して、「現金50円以上」への交換、もしくは「現金25円以上+2011年満期普通社債」への交換で、それぞれ債務減額・返済猶予を伴う内容となっています。

朝日新聞(電子版)によると、「投資家らは経営悪化に伴う損失を最小限に抑えるため、今回の提案に応じる」見通しとのこと。

2011年満期ユーロ円建普通社債の交換募集による発行等のお知らせ

asahi.com(朝日新聞社):武富士、投資家に「債務減額」求める

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事