不景気.com > 企業不況 > レナウンが「a primary」ブランドを廃止、「アキコオガワ」は解散

レナウンが「a primary」ブランドを廃止、「アキコオガワ」は解散

レナウンが「a primary」ブランドを廃止、「アキコオガワ」は解散

アパレル大手のレナウンは、100%出資子会社「アキコオガワデザインスタジオ」の解散および清算を明らかにしました。

2007年3月に設立された同子会社は、デザイナー小川章子氏を中心として、婦人服ブランド「a primary」の企画・デザインを手掛けていました。

しかし、レナウンはリストラ策の一環として、同ブランドの廃止を決定し、既に今春夏シーズンをもって店舗を閉鎖したため、今回の措置に至った模様。

今後は、2009年11月17日に当該子会社で解散を決議し、2010年2月末日に清算が結了する見通し。

レナウンでは、今年9月に傘下ブランド「アクアスキュータム」の株式売却を発表するなど、リストラ策を加速させ経営再建を進めていました。

子会社の解散に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事