不景気.com > 国内倒産 > 「宮城県醤油醸造協同組合」が自己破産を申請し倒産

「宮城県醤油醸造協同組合」が自己破産を申請し倒産

「宮城県醤油醸造協同組合」が自己破産を申請し倒産

宮城県醤油醸造協同組合」は、11月20日付で事業を停止、仙台地方裁判所へ自己破産を申請し、倒産したことが明らかになりました。

読売新聞(電子版)などの報道によると、1971年に醤油醸造業者の共同出資により設立された同組合は、ピーク時には宮城県内シェアの6割に達する規模へ事業を拡大。

しかし、景気低迷や競争激化による売上の減少により業績が落ち込んだことに加え、不正会計が明るみに出たことで信用不安が広がり、これ以上の事業継続は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約3億5000万円

県醤油醸造組合が経営破たん : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事