不景気.com > 買収合併 > 「ミッタル」の義娘が倒産した独ブランド「エスカーダ」を買収へ

「ミッタル」の義娘が倒産した独ブランド「エスカーダ」を買収へ

「ミッタル」の義娘が倒産した独ブランド「エスカーダ」を買収へ

世界的鉄鋼メーカー「アルセロール・ミッタル」CEOラクシュミ・ミッタル氏の義理娘に当たるメグハ・ミッタル氏は、今年8月に倒産したドイツのファッションブランド「エスカーダ」を買収することで合意したことが明らかになりました。

米ニューヨーク・ポスト紙によると、ベイルートに本拠を置く投資会社「M1グループ」や、エスカーダ創設者の息子スヴェン・レイ氏と競合の末、買収の権利を得たとのこと。なお、金額については明らかにされていません。

1976年に設立のエスカーダは、延べ60カ国で直営店182店舗とフランチャイズ225店舗を展開。特にドレスの評価が高く、世界的な高級ブランドとして認知度を高めていたものの、景気低迷の影響を受け売上を減少させ、倒産に追い込まれていました。

Escada bagged by Mittal

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事