不景気.com > 海外リストラ > ダイムラー傘下の「メルセデス・ベンツ」が1000人を削減

ダイムラー傘下の「メルセデス・ベンツ」が1000人を削減

ダイムラー傘下の「メルセデス・ベンツ」が1000人を削減

ドイツの自動車大手「ダイムラー」傘下の「メルセデス・ベンツ」は、1000人におよぶ人員削減の実施を明らかにしました。

対象となるのは「メルセデス・ベンツ・カーズ」部門で、同部門の全従業員数4万5000人の約2%相当を削減する見通し。

ロイター通信(電子版)によると、50歳までの従業員を対象にした自主退職制度を導入して希望者を募るほか、2011年までは強制解雇を実施しないことで、労使と合意しているとのこと。

景気低迷により、高級車を中心に売上が落ち込んでいることから、人員削減により収益改善を目指す模様。

独ダイムラー、メルセデス部門で1000人削減へ Reuters

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事