不景気.com > 買収合併 > メルセデスが旧ホンダF1チームの「ブラウンGP」を買収

メルセデスが旧ホンダF1チームの「ブラウンGP」を買収

メルセデスが旧ホンダF1チームの「ブラウンGP」を買収

メルセデスベンツを傘下に持つドイツの自動車メーカー「ダイムラー」は、世界最高峰の自動車レース「F1」に参戦する「ブラウンGP」の買収を明らかにしました。

ブラウンGPは、昨年まで「ホンダ」として参戦していたチームで、同社撤退に伴い、ロス・ブラウン代表がチームを継続保有していました。

ホンダのDNAが受け継がれたブラウンGPをメルセデスベンツが買収することで、今年限りで撤退を発表した「トヨタ」や、来年限りの「ブリヂストン」とともに、日本勢の影響力低下が顕著になったと言えそうです。

メルセデスベンツは、同じくF1に参戦する「マクラーレン」にもエンジンを供給しており、こちらは2015年まで継続する予定。

しかし、マクラーレンは今後、積極的に自動車販売へ乗り出す方針で、将来的には競合する可能性があることから、メルセデスベンツは保有するマクラーレン株を2011年までに放出し、関係を徐々に弱めていく狙いがあるようです。

Official site of the Brawn GP Formula One Team

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事