不景気.com > 国内倒産 > 大分「くじゅう花公園」の元経営「花の企画社」が破産申請し倒産

大分「くじゅう花公園」の元経営「花の企画社」が破産申請し倒産

大分「くじゅう花公園」の元経営「花の企画社」が破産申請し倒産

大分県竹田市の「くじゅう花公園」を経営していた「花の企画社」は、11月20日に大分地方裁判所へ自己破産を申請し、倒産したことが明らかになりました。

くじゅう花公園は、1993年に開園した植物公園。総敷地面積約20ヘクタールの広大な土地に、チューリップやラベンダーなど様々な花が植えられ、ピーク時の2003年には年間60万人を集客していました。

その後は入場者数が伸び悩み、設備投資の借入金も嵩んだことで経営が悪化。2006年には中小企業再生支援協議会に私的整理での再生を要請し、京都市のマンション開発「ジェイ・エス・ビー」を再生支援スポンサーとして経営再建をめざしていました。

しかし、景気悪化を理由にジェイ・エス・ビーが再生支援から撤退すると、同公園の経営は行き詰まり、やむなく今回の措置になった模様。

なお、くじゅう花公園は、元社員らが設立した「花公園」に経営が引き継がれており、同社の下で営業を続けながら、新たなスポンサーを探すとのこと。

くじゅう花公園:破産、負債総額26億円 営業は継続の方針 - 毎日jp(毎日新聞)

「花公園」再生法申請へ ジェイ社が撤退- 大分合同新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事