不景気.com > 国内倒産 > 検査装置等製造の「交洋製作所」が自己破産を申請し倒産

検査装置等製造の「交洋製作所」が自己破産を申請し倒産

検査装置等製造の「交洋製作所」が自己破産を申請し倒産

東京都三鷹市に本拠を置く「交洋製作所」は、11月17日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、倒産したことが明らかになりました。

1964年7月にオープンリールテープレコーダー向けの部品製作業として創業した同社は、磁気テープやハードディスク等の装置開発に事業を拡大し、近年はそれら装置向けの検査機器を開発していました。

しかし、景気低迷による受注の減少や、激化する価格競争の影響で資金繰りが逼迫したため、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億2000万円

交洋製作所が自己破産、負債約5億円 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事