不景気.com > 赤字決算 > 関空が通期業績を27億円の赤字に下方修正、JALなど減便で

関空が通期業績を27億円の赤字に下方修正、JALなど減便で

関空が通期業績を27億円の赤字に下方修正、JALなど減便で

関西国際空港は、2010年3月期通期連結業績を下方修正し、純損益は従来予想の9億円(黒字)から、27億円の赤字に転落する見通しを明らかにしました。

2010年3月期通期連結業績予想:関西国際空港

売上 営業損益 純損益
前回予想 915億6400万円 145億5200万円 9億6300万円
今回予想 841億8200万円 95億1500万円 △27億2000万円

下方修正の理由として、景気低迷による貨物便やビジネス客の減少に加え、新型インフルエンザの影響で利用を控えた乗客が多かったことが考えられます。

また、日本航空(JAL)を筆頭に国内外の航空数社が、関空からの減便や路線廃止を決めたことで、同社は航空機発着回数を7000回少ない10万7000回と予想。着陸料の減少は避けられないことから、今回の修正に至ったようです。

2010年3月期 中間連結決算について

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事