不景気.com > 国内倒産 > 札幌の「其水堂金井印刷」が破産申請し倒産、総合商研が出資

札幌の「其水堂金井印刷」が破産申請し倒産、総合商研が出資

札幌の「其水堂金井印刷」が破産申請し倒産、総合商研が出資

札幌市に本拠を置く印刷業「其水堂金井印刷」は、11月4日付で札幌地方裁判所へ破産手続開始の申立を行い、倒産したことが明らかになりました。

1918年創業の同社は、地元では相応の知名度を有し、ポスターやパンフレット等の総合印刷を主力とする老舗の印刷業者。最近では「丸山動物園」の支援カレンダーを印刷販売するなど、事業は多岐に渡っていました。

しかし、印刷業全般の需要が落ち込む中で、同社の受注も減少の一途を辿り、景気低迷も影響し業績は悪化。

そのため、2008年には第三者割当増資により、ジャスダック上場の「総合商研」と資本・業務提携を締結。全株式24%相当の出資を受けるも、赤字経営から脱することは出来ず、事業継続を断念したようです。

負債総額は約6億円で、そのうち総合商研の債権は6300万円。

債権の取立不能又は取立遅延に関するお知らせ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事