不景気.com > 買収合併 > JVCが音楽部門の「ビクターエンタテインメント」をコナミへ売却か

JVCが音楽部門の「ビクターエンタテインメント」をコナミへ売却か

JVCが音楽部門の「ビクターエンタテインメント」をコナミへ売却か

「JVC・ケンウッド・ホールディングス」は、音楽ソフト子会社「ビクターエンタテインメント」の売却を検討していることが明らかになりました。

読売新聞(電子版)によると、売却先としてゲームソフト大手の「コナミ」が最有力視されており、同子会社の過半数株式を売却することで、月内にも決定する見通しだと伝えています。

ビクターエンタテインメントは、日本ビクターの音楽部門として1928年にレコード生産を開始し、現在では「サザンオールスターズ」や「スマップ」など人気ミュージシャンが所属。

しかし、音楽ソフト業界では、「ユニバーサルミュージック」「エイベックス」「ソニー・ミュージック・エンタテインメント」に遅れを取っていることに加え、CDの売上減などにより、業界全体として収益性が落ち込んでいることから、売却を検討しているようです。

なお、同社では「検討の事実はない」旨の発表をしています。

ビクターが音楽部門売却へ...サザンやSMAP所属 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事