不景気.com > 買収合併 > GM子会社「サーブ」の売却が暗礁へ、ケーニグセグが撤退で

GM子会社「サーブ」の売却が暗礁へ、ケーニグセグが撤退で

GM子会社「サーブ」の売却が暗礁へ、ケーニグセグが撤退で

アメリカの自動車大手「GM」は、売却を予定していたスウェーデンの子会社「サーブ」に関して、売却交渉の撤回を明らかにしました。

交渉していたスウェーデンのスポーツカーメーカー「ケーニグセグ」は、「買収手続に時間が掛かり過ぎたため」と説明。

一方で、銀行から借り入れる予定の資金に対して、スウェーデン政府からの保証が取り付けられなかったことが要因になったとの見方もあります。

倒産からの経営再建をめざすGMにとって、売却が頓挫したのは「オペル」「サターン」に続き3社目で、再生計画への影響が懸念されます。

BBC News - Saab sale called off by would-be buyer

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事