不景気.com > 国内倒産 > 鋼材加工販売の「フジ産業」が事業停止、破産申請し倒産へ

鋼材加工販売の「フジ産業」が事業停止、破産申請し倒産へ

鋼材加工販売の「フジ産業」が事業停止、破産申請し倒産へ

鋼材の加工・販売を行う「フジ産業」は、11月19日付で事業を停止し、今後は自己破産申請の準備に入り、倒産する見通しであることが明らかになりました。

1975年に千葉県花見川区で設立された同社は、1978年に東京都江戸川区へ本社を移転。千葉県に2つの工場を保有し、主に建築用鋼材の加工・販売、特に輸入鋼材中古鋼材等の安値な鋼材の販売を主力として、事業を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響で建築需要が落ち込むと、同社の受注も大幅に減少し経営が悪化。工場閉鎖などのリストラ策も状況を好転させるには至らず、今回の措置になったようです。

静岡商工データによると、負債総額は約11億3200万円

フジ産業倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事