不景気.com > 国内倒産 > 穴吹工務店が会社更生法を申請、負債1540億円

穴吹工務店が会社更生法を申請、負債1540億円

穴吹工務店が会社更生法を申請、負債1540億円

香川県高松市に本拠を置くマンション建設大手の「穴吹工務店」は、11月24日付で東京地方裁判所へ会社更生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1905年創業、1961年設立の同社は、1978年から旗艦マンションブランド「サーパス」シリーズを分譲開始。2007年には事業主別マンション供給戸数で全国1位に躍り出るなど、名実ともに国内屈指のマンション建設事業者として、その存在を知られていました。

しかし、改正建築基準法の施行による着工の遅れが原因で売上が落ち込むと、景気低迷も重なり資金繰りが逼迫。さらに、社長と取締役の抗争による信用不安が追い打ちを掛けたことで、今回の措置に至ったようです。

また、関連会社2社も同様の措置が取られ、帝国データバンクによると、負債総額はそれぞれ「穴吹工務店」が約1403億3400万円、「エイシィカンパニーグループ」が約96億8000万円、「穴吹ハートレイ」が約40億2700万円、3社単純合計で1540億円規模の大型倒産となりました。

なお、大証1部上場の「穴吹興産」(8928)は、2000年にグループから分離しており、現在は資本関係のない独立した企業グループ。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

あなぶき興産 | 穴吹工務店の会社更生手続き申立の影響について

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事