不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/4、期末を挟み倒産が多い1週間

週刊不景気ニュース10/4、期末を挟み倒産が多い1週間

週刊不景気ニュース10/4、期末を挟み倒産が多い1週間

9月28日から10月4日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。期末を挟み、倒産企業が多い1週間になりました。

結婚情報サービス「O-net」を創設した旧「オーエムエムジー」が破産を申請したほか、建機製造の「トモエ電機工業」、コンクリート保護材販売の「ビュファ・C・P・ジャパン」、岡山の建築業「案山子屋」、長野のプラスチック金型設計製造「ケーエムケー」、神戸・広野高原病院運営の「医療法人博愛会」、指宿鮫島病院経営の「医療法人クレアール」、ホバークラフト運航の「大分ホバーフェリー」、山口のカーフェリー「防予汽船」、福井のSC・シピィ運営の「武生商業開発」、五島カントリークラブ運営の「福江開発」が民事再生法の適用を申請しました。

その他、倒産したネットカフェ大手「アプレシオ」の支援を表明していた「ホッコク」が、再生支援スポンサーの辞退を発表。「コスモスイニシア」は事業再生ADR手続が成立し、「JDC信託」は免許取消により上場廃止が決定したことなどが、気になるニュースとしてあげられます。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事