不景気.com > 国内倒産 > 総合請負建設の「鶴崎高橋組」が自己破産申請し倒産へ

総合請負建設の「鶴崎高橋組」が自己破産申請し倒産へ

総合請負建設の「鶴崎高橋組」が自己破産申請し倒産へ

兵庫県に本社を置く建設業「鶴崎高橋組」は、10月13日までに事業を停止、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しであることが明らかになりました。

同社は、1927年に大阪市で創業された個人事業を母体として、1937年に大分県鶴橋市で「高橋組鶴橋出張所」を開設し、1968年には「鶴崎高橋組」の名で法人設立した建築工事・土木工事の請負業者。

「大和システム」「大和ハウス工業」「栗本建設」等の大手住宅・建設メーカーから、戸建て住宅・集合住宅等の請負工事を受注し、特に兵庫・大阪・大分では受注件数を増加させ、業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷の影響により、近年では下請事業者に対して支払い延期を要請するなど資金繰りに逼迫したため、これ以上の事業継続は不可能との判断から今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は2009年6月末時点で約33億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事