不景気.com > 不景気ニュース > 小学館が「小学六年生」「小学五年生」など休刊へ、部数減で

小学館が「小学六年生」「小学五年生」など休刊へ、部数減で

小学館が「小学六年生」「小学五年生」など休刊へ、部数減で

小学館は、1922年に創刊した学習雑誌「小学六年生」「小学五年生」の休刊を明らかにしました。

「小学六年生」は12月28日発売の2・3月合併号で、「小学五年生」は来年2月3日発売の3月号が最後となる予定。

87年の歴史に幕を下ろす要因として、同社では「趣味の多様化について行けず、広範囲に渡る内容の編集が難しくなった」と説明。発行部数も、ピーク時の10分の1程度まで落ち込んでいたことで、やむなく休刊を決断したようです。

「小学一年生」など、その他の学年別・学習雑誌は発刊を続ける見通し。

同雑誌の付録は高い人気を得ており、小学生以外にも、一部マニアが付録を目当てに購入するなど話題にもなりましたが、少子化・出版不況の影響は避けられなかったようです。

「小学六年生」「小学五年生」が休刊へ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事