不景気.com > 国内倒産 > 愛知の溶接機製造「オーエス工機」が自己破産を申立て倒産へ

愛知の溶接機製造「オーエス工機」が自己破産を申立て倒産へ

愛知の溶接機製造「オーエス工機」が自己破産を申立て倒産へ

愛知県に本拠を置く溶接機械製造の「オーエス工機」は、事業を停止し、自己破産申請の準備に入り、倒産する見通しであることが明らかになりました。

1980年に設立の同社は、主に自動車産業向け自動溶接機の設計・製作・販売を行い、2006年度には35億円の年商を上げるなど、業績は順調に推移していました。

しかし、主要な得意先であった自動車産業が、景気悪化の影響を受け失速すると、同社の受注も急減し経営が悪化。

また、設備投資のための借入金が同社の資金繰りを逼迫させたことで、これ以上の事業継続は不可能との判断から、自己破産申請に至ったようです。

なお、関連会社の「オーエスツールジャパン」も同様の措置が取られる見通し。

負債総額は、2009年3月期末時点で約35~45億円程度が見込まれます。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事